ホーム>学院のブログ>2012年9月

2012年9月

寿結び

寿結び

こんにちは。
講師の中間です。
初級、寿結びのお勉強。
12月2日のきもの文化公開ショーでの
舞台着付けの練習を兼ねて
美しい所作で振袖を着せていきます。
一つ一つ確実に、同じ場所を二度触らないように。
なかなか難しいことですが、
一度身に付けると一生の技術(^O^)
頑張りましょうp(^^)q
舞台では素晴らしい技術を披露してください(^O^)
みなさん楽しみにしていてくださいね(*^^*)

着付け師終了試験

着付け師終了試験

こんばんは
講師の小野です(*^^*)

先日 滋賀県から
着付け師講座の終了試験を受けに来られました。

体型補整から振袖の着付けと帯結び、仕上げまで、
な〜んと10分で着付け

着付け師講座に入ってこられた頃は
初級の20分着付けも「無理だ!!」と思うものですが
どんどん力をつけて
終了試験の頃にはみなさん10分着付けもできるようになります。


継続は力なり!!ですね


着付け師講座では
色々なきものの着せ方や帯結びだけでなく
「はやく!きれいに!楽に!」着せられるようなポイントを学べます。

今日もお二人 見学に来られました。
来月から一緒にお勉強できるのが楽しみです(*^^*)

着付教室・秋生募集中

着付教室・秋生募集中

ごきげんよう。

学院長の峰村有紀です。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、ほんまですね!(*^.^*)

昨日は急に涼しくなって…凌ぎやすいというより寒く感じるほど…くしゃみの連続でした。(>ω<)/。・゜゜

一瞬、風邪かしら?…と思いましたが大丈夫でした。
一雨ごとに寒くなる…とも言われますので体調管理に気をつけましょう!!(^o^;)

これから着物を着るのに最高の季節ですね!☆

京都きもの学院京都本校では只今、《10月生入学受付中》です。

レッスン料は、3か月、12回で10000円です。
更に、きものプレゼント!♪♪

この機会をお見のがしなく!

もし、一人できものが着られたら…いつでも着たい時に簡単に着られて便利ですよ!!

着物を着れば、いつもと違う一層美しい自分が発見出来ます!゜+。(*′∇`)。+゜

マナーも学ぶから立ち居振舞いが美しくなります。

文部科学省の資格がご希望の方には取得出来ます!

就職にも有利!!

着崩れしても、ご自分で直せるから安心!

冠婚葬祭マナーも学べるから社会人としても安心!

着物に関する知識も幅広く学べます。

お友達もできて楽しいですよ!!♪♪…。


まずは、見学会にいらっしゃいませんか!?

★☆…見学説明会…………
10月13日から各教室でスタート!

詳しくはホームページをご覧下さいませ。(*^.^*)

http://www.kyoto-kimono-g.jp

狩衣

狩衣

こんにちは。講師の中間です。
十二単の授業では、
男性装束の勉強もできます。
写真は狩衣「かりぎぬ」(^_^)
今で言うスポーツウエアのようなものでしょうか。
色もいろいろあり、
キリッとかっこよく
着こなすと素敵ですね(^O^)
衣紋道雅ゆきでは、装束体験がとってもお得!
本式の衣装で、色も何種類かあり、選べます。そしてスタッフが親切(^O^)
女性の方が男性装束を体験されることも多いです。
皆様、ぜひ体験に来てくださいねm(__)m

ひとりで結ぶふくら雀

ひとりで結ぶふくら雀

こんにちは、講師の小野です(*^^*)


初級講座の最後のほうに
自分で振袖を着て
ふくら雀を結ぶ…というのが出てきます。

『ふくら雀』というのは 最近でいうと
なでしこジャパンの澤選手が授賞式でしていた帯結びです。

振袖は自分では着られないと思っている人が多いと思いますが…
私も若い頃はそう思っていました(^_^;)

改良枕を使えば ひとりで結べちゃう!!

どうです!?
豪華に可愛らしくできたでしょ〜

ちょっとお顔はお見せできませんが…
年齢は秘密のピースサイン(^^)v

京都草木染工房さんへ 番外編

京都草木染工房さんへ 番外編

今回、お昼ご飯にいただいたお弁当。大原の新鮮なお野菜や、地元で取れた食材などをたくさん使われた、とってもおいしいお弁当でした!


そして、帰りに、大原で大変有名なポン酢のお店へ立ちよりましたヾ(≧∇≦)
店内で試食を堪能する方、お餅に惹かれて2つも自分用に買う方、お土産にと重いのも気にせずたくさん買われた方など、皆様楽しんでいらっしゃいました。
わたしは、ポン酢ではなくドレッシングを二本買いました!

途中で、どなたかが、「遠足みたいですね」とおっしゃいました(*^_^*)
本当その通りで、大人になってから、大人同士で遠足に行くなんて、なかなかないですよね〜(笑)
ほんと、充実した1日となりました!

以上!遠足レポート、いえいえ、草木染工房レポートでした(^-^*)

京都草木染工房さんへ その3

京都草木染工房さんへ その3

さて、いよいよ、帯揚げに染めていきます!

帯揚げに5分ほど浸けて、均等に揉み込んだら一旦乾かします。
2人一組になって、パタパタパタ〜ヾ(^^ )

こういう時に、ささっとペアを組めるのはさすがです。
お稽古の中で、2人一組になって、お互い着付けの練習をする場面が多いので、皆様慣れていらっしゃいますね(笑)

5分浸して、少し乾かして、また5分浸して……を20分繰り返したら、後は余計な不純物などを洗い流して、いよいよ完成です!

同じ藍の葉を使っていても、仕上がりの色が人によって違うのは、やはり草木染めの魅力ですね(ノ^^)ノ
2つとして全く同じものは出来上がりません!

藍=青
というイメージですが、出来上がりは、薄いキレイな緑色。青磁色です☆

藍の葉を摘む工程からお昼休憩をはさんで完成まで約4時間くらいでしょうか。

全てご自分の手で作り上げられただけに、出来上がった帯揚げの愛着たるや、ハンパないことでしょう(笑)


普段はお話する機会がない他クラスの生徒さん同士で、こうして一緒に何かを楽しめる場があるのも、京都きもの学院京都本校のいいところですね(*⌒▽⌒*)

今回参加された皆様、お疲れ様でした〜。

京都草木染工房さんへ その2

京都草木染工房さんへ その2

ちょっと余談です。

写真見てください( ´艸`)

皆さんとっても素敵な笑顔!
私も少しはしゃいでしまいました(笑)


普段、教室では、お着物姿の皆様方が、麦藁帽子姿というのはとても新鮮でした♪


その3へ続く。。。

京都草木染工房さんへ その1

京都草木染工房さんへ その1

ごきげんよう。
平日はOL 、週末講師の神島です(*^▽^*)

京都は大原にあります[京都草木染工房]さんにお邪魔してきましたレポートです〜

私たち15名と、かわいいお嬢様1名、そして講師課でお勉強中めぐみさんの素敵な旦那様とキュートなお子様も合わせた総勢18名で “藍の生葉染め”体験として、帯揚げ染めに挑戦をしてきました(^_-)

まずは、エプロンと長靴をお借りして、藍の葉を皆で摘みに行きました。

天気が崩れるかもしれないという予報はどこに…?というくらいの晴天!

樽いっぱいに摘んだ藍の葉を工房に持ち帰り、細かくちぎってから、お水を加えて、揉みもみ。
これが意外と重労働…
うまい具合に泡が出てくるまでよーく揉んで、そして漉します(^_^)v

この、漉す工程がこれまた根気がいりまして…、我らのボス、増倉大先生が「いや〜ん、、もうこれくらいでご勘弁いただけませんかぁー?」とごね出す場面も(笑)



その2へ続く。。。

教授師範の会その②

教授師範の会その②

講師の増倉智子です(^^ゞ
中間先生に続いて…
秋の研修会のお写真をアップしておきます(^O^)

授業のなかで
芸妓さんの着付けはあるのですが
やはり 実際普段から着付けをされている方から
衣装のこと
髪型のこと

色々聞かせていただき
お勉強になりました
(^^)v

師範の免許を取られた方もやはり 皆さん勉強熱心
きものに関することは
た〜くさんありますし
奥も深い(゜-゜)(。_。)

ドンドン研修の企画をたてていきたいですね(⌒‐⌒)

ページ上部へ